Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Links
for admin
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ブレーキングとペダリング
オレのライディングが一般的なトライアルとちょっと違っているとしたら、
自分では、【漕ぎ】によるものだと思っている。
以前から、フラットなコンクリやアスファルト上で練習することが多かった。
それによって、【漕ぎ】の操作に違いが生まれてきたのではないのかな。

漕ぎには、基本のペダルキック、ペダルパンチというような
【跳び】に繋がるもののほかにも、リアを転がすような【滑らかな】漕ぎもある。
フラット(平面)でのライディングはこういうのを多用する。
(これを活かすにはマニュアルのバランスも鍛えるべきか)

その他にも、見えづらいが、漕ぎはあらゆる場面で使ってる。(※ライディングのヒント)
いわゆる【技と言えない技】、いや、単なる【慣れ・経験】かも・・・
この辺に気付くかどうかは、たぶんライディングの違いとなって表にでてくる。
たとえばオレの場合、バランスを崩す!と思った瞬間に漕いでバランスを取る。(?)
あるいは、バランスを崩す前に漕いでる。(?)
自転車として当たり前のことで、何言ってるの?って感じだが。(うまく言えない)
自分のイメージしてるライディングスタイルによるのか・・・
ホップでのリカバリーは極力しないから、漕ぐことになる。
言い切ってもいい、ライディングはまさしくペダリング。

漕ぎとは反対の操作として【ブレーキング】も重要だ。
上手くなってくるに従って、ブレーキを使う割合が減ってくる。
それは、きっとみんな感じていること。
以前は、ガチガチに握り、すぐに握力を切らしていたが、いまはそんなでもないでしょ?
ブレーキの使い方も、もっと考えてっていい部分だと思う。
余計なところでのブレーキングは非常にムダ。
全身が力んじゃって、呼吸が乱れてしまう。

こういうことに注目して上手い人のライディングを見ると面白い。
ステア登って→ブレーキする代わりに、リアタイヤをエッジに当てたり・・・
(意図的に当ててブレーキ代わりにしてる)
ロックさせる以外でも、ズルズル滑らしたり、一瞬だけロックさせたり・・・
まあ漕ぎほどではないが、ブレーキングも漕ぎ同様、幅の広いコントロールがある。

なんでも利用して、効率よく乗れば、必然的にライディングは滑らかなものになるはず。
でも、ムダのないライディングってのは、一見、上手く見えなかったりするかもね。
いかにエネルギーを使わずに乗るかだから、見た目の迫力には欠ける場合も。
でも実際のところは、実に細かな操作をしているよ。
まだ非力な小さい子どもは、力を効率的に使おうとするために、
素直で効率の良いテクニックを使ってライドしてる可能性は高い。

効率の良いバイク操作・・・それはトライアルそのものかな。
非常識的なライディングに見えるけども、中身はとても理論的。
それを見つけるやつ、挑戦してるやつってのは、
常識の中におさまりっこない人間(ライダー)だけどね。
posted by: さいと | フリーライドトライアル | 23:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - |