Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Links
for admin
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
mobile
qrcode
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
1mmの代償


ステムキャップの内側(下側)ってわずかに円錐状になってたりするでしょ?
あれが思ってたより大きかった(でっぱってた)みたいで、
ステムキャップがフォークコラムに接触していた。
結果、ステムを押し下げることができずに、ガタあり状態で乗っていた。

あと1mmスペーサーを足しとけば、問題はなかったと思う。
が、ずっとそのまま乗りまわしてたもんで、指摘されたときには相当のガタ。
「こんな状態で、なにも感じずに乗ってたの!?・・・(云々)」
などとみんなが口々に責めてきた。
ん?ガタがあるかな?って思ったときもあったけど・・・
うるせー!
そんなことはどーでもいいんだよ!
ライディングは結構冴えてたゼ!

正しくスペーサーを入れて、ステムセットしてみたら、
ハンドルがすんげえ重さで固定され、ヘッドの精度はもはや無し。
良かった・・・使ってたヘッドセットがクリスキングでなくて・・・
そう思えば、多少なりとも気が楽。(でもない)

新しいのは BIONIC の緑色。
最近、カラーを選ぶようにしている。
かつては色なんてなんでも良かったんだけど、
以前、ピンクのヘッドつけてたとき、ピンク色を見て
ふと集中が切れてしまう感じがあったから。
気に入った色だと、見て集中が続く。



さらに、ハンガーのひん曲がりまで指摘された。
たしかに、よく見たら内側にグニャリと曲がっている。
最近ぶつけた憶えはない。
おそらくディレイラーの重さと、ライド時の衝撃でじょじょに曲がったんだろう。
ハンガーも柔らかそうなものだし。
に加え、フレームのエンド部がすでに内側に曲がっていて、
ハンガーを固定したときのフレームとの接触面が少ない。(浮いてる状態)
フレームをぶっ叩いて修正しようかとも思ったが、
下手に修正ミスしたら、フレームをダメにするかもしれないから我慢。
代わりに、フレームとハンガーの間に、アルミホイルを折りたたんで
適当な厚みにしたものを噛ましておいた。



最後に言い訳をしておきたいのだけど、
オレは最近、バイクを車から降ろしてないの。
ずっと車載しっぱなし、ライドしっぱなし、
なんか調子おかしいなと思ったら、その場しのぎのメンテ・・・
これを繰り返してた。
そういうのは良くないよ、という話。
posted by: さいと | MTBメンテ | 22:00 | comments(0) | - |
ピットブル、完成形
モーメントは駆動系に問題を抱えたままで、さっぱり乗ってない。
よって、ピットブルに乗っているんだけど、こっちも駆動系に問題が・・・
今回は、その辺の不安を取りのぞいて、これで完成形。
ちなみに、ピットブルは調子イイです。
アセントのときみたく、乗った瞬間からイイ感じ。
フロントフリー72ノッチも非常に小気味よいよい。



★Fブレーキ 【DEORE BL-M590】〜【DEORE BR-M590】〜【切り貼りウレタン】
★Rブレーキ 【Avid SD7】〜【XT BR-M770】〜【タイオガアーバンシュー】

【Avid Speed Dial 7】はリバーシブルデザインで、左右どちらでも使える。超優秀。
前ブレーキレバーを新型デオーレ(レバー比調整不可)にしたら、
ノーマルシューでは効きが足りない。→ウレタンシューのお出まし



ピットブルにフレーム移行してから、ギアとチェンの噛みが時折おかしかった。
コグが原因ではないらしい。
チェン長とテンショナーからきているみたい。
そもそも、サーリーのテンショナーもぶつけたりなんだりで、
ガタありの、動きも渋くて、使用限界なのは知っていた。
新しく同じタイプのテンショナーに交換したが、うまいこといかない。(ちょと不安)
こりゃ困った・・・さて、どうすべか・・・
ずっと前にMTBで使ってたRDを、ガラクタ箱から見つけてきた。
ためしに装備してみる・・・おぉ、ばっちり。
チェンに絡みつく見た目が、物凄く安心感あって、気に入っちゃった。

6段スプロケットつけて、【セミオートシフト】にしてもいいな。
(フロントフリーのシフトチェンジは漕がずに可能)
ギア3枚くらいにして、あとスペーサで埋めれば、【簡易チェイスニュートラル】も作れる。
そこへチェンを落とせば、【ちょいとフェイキーなフェイキー】ができるよ。
トライアルライドの中に組み込んでみるのも新鮮じゃろう。
posted by: さいと | MTBメンテ | 22:00 | comments(2) | - |
黒いZOO!
☆【ボトムブラッケット】 UNKNOWN 73mm 128mm
☆【フリーホイール】 BIONIC 18T 72point
☆【ヘッドセット】 ZHI 1-1/8

BIONICのフリーは
ガード側にフタがくるわけだけど
このフタは逆ネジですよね?







posted by: さいと | MTBメンテ | 21:00 | comments(3) | - |
次はなんだズ?
オレがトライアルフレームをすっかり無くしちゃうと思うかい?
無くすはずがないよなァ。
そんなことはできやしないのさ。

岩手より運ばれてきたのは【ZOO!】。
たしかピットブル。初代の?
このフレームは、本当にもらってしまいました。
毎度いろんな方にご協力いただいてます。(かたじけない)
拙者としては、ライドすることで、お返しするしかござんせん。

実は、ずっと前からZOO!乗りたかったの。
ロゴとか色とかカッコイイと思ってたから。
(黒く塗られちゃってますけど・・・)

2kgのデジタル秤がエラーを出してしまったので、
重量は【2kgちょい】はあるようです。
モーメントを駆るオレにとっては、もはや重さなど不問。
そうさ、オレが鍛えたいのは、自分自身なのだから。
よろしく、ピットブル。



posted by: さいと | MTBメンテ | 17:00 | comments(0) | - |
バイパーの最期
クラックの進行をとめるために、ストップホールを開けたのでしたが、
いつのまにやらホールの外側までクラックが延びていました。
(ホールをクラック先端に作っていなかったのだろう)
おまけに、反対側も同じようなヒビが入っているのが見えます。
このクラックに気を取られるようになってきたので、お別れなのです。

最期の写真では、あまりに無惨な姿をしておりますが。(ごめん)
オレは未練が残るような乗り方はしてないから、これでいいの。
だけど、だいぶ酷い使い方してすまなかったな。







posted by: さいと | MTBメンテ | 21:00 | comments(0) | - |
よみがえる青いの
フォークさえあれば復活できそう、と思ってたジャイアント。
ひさしぶりに組んだ、オールラウンド用に。
といっても、オレが最初に乗ってたアラヤのMTBは
まるっきりこんな感じだった。
いま、このバイクでトライアルをやる気にはなれないけど、
公園なんかで乗るとしたら、ちょっと違ったライドになりそう。











ほぼ全てを余りパーツで組めるな、と考えていたけど、
ドライブトレインをシマノで揃えたくなり、デオーレクランク(175mm)。
9sスプロケット、9sチェーンにして、完成!と思いきや、
体重のせてペダリングしたときに、チェーンの回転に違和感。
中古のスプロケを疑ったが、ほとんどのギアで同じようなことになるので、
フロントのチェーンリングの磨耗が引き起こしてる現象のようだった。

無意味にいいグレードのチェーンリングを用意した。(未使用品)
たぶん、XTRクラスのだと思うのだけど。(上写真左)
妙に厚みがあった、軽いけど。アルミなのかな?

取外リング 【M9 N-22】 36g (←磨耗した状態で)
新品リング 【SG-X M9 V-22】 22g

こんな小さな部品でも、結構な重量差がでるんだなあ、と思った。
外したリングが新品だったら、ほぼ倍の重量かも。
オレは丈夫な方がいいと思ってたけど、「いいもの」ってのも使ってみたいね。
posted by: さいと | MTBメンテ | 23:00 | comments(0) | - |
そして、白いのが帰ってきた
『無職の罠』

仕事してないと、「頑張れ」と言われる。
頑張らないといけない・・・
いや、わかってるけど・・・
オレは、仕事してたときも、してない今も、バイクに乗ってる!
情熱を燃やしてるって!
なんでえ、ちくしょう・・・



▲DELTAさんからBBをもらった。本当に感謝。久々のフロントフリー。



Cleanの1万円フォーク。Cleanはすごい、標準でフェイスカットしてくれますし。



▲下玉押しが「割り入り」タイプのヘッドセット。同じくCleanから。



▲オールビュー。



▲ECHO、2枚。



▲時代遅れの前後V。

ヘッドパーツの下カップが緩い感じ。(→フレームヘッドチューブが広がってる)
アルミ缶を切って、3枚のアルミ片を挟み込み圧入。(→うまくいったみたい)

ブレーキ&レバーの稼動部にオイル挿して、ワイヤーも調整、メンテ。
リアのアルティメイトの良さを感じるようなことが、最近よくある。
やはり「いい物」だと思う。
--------------------------
★アウターケーブル:UNEX ハイパーケーブル
★インナーケーブル:JAGWIRE リップコード
★リードパイプ:DIA-COMPE オープンリードパイプ
--------------------------

前Vはデオーレ「BR-M590」。(→デオーレ安過ぎ)
サンディングしたDM18リムにデオーレ標準シュー。
さすがに「タッチの軟さ」を感じてしまうが、いまのところ問題ない。
ブレーキ掛けた感じが懐かしい。Vもいいか。
フロントが軽いのはまだ慣れないけど、扱いやすくて好きだな。

バイパーからアセントにしたときは、違和感どころか、むしろ好きな感じだったけど、
アセントからバイパーにしたら違和感ある。バイパーはちょっと長い。
このフレーム、リア周りで何か「鳴る」んだよね。
以前からそういうところがあった。
たぶんブレーキ周辺が鳴ってるんだけど、どうも柔らかいイメージがある。

バイパーにもクラックが入ってるが、
一応処理してるから、かなり耐えてくれることを想定して組んだ。
だって、アセントがクラック入ってからあんなに耐えたんだもの。
少々じゃあ、壊れないってことだよ。
(たぶんね)
posted by: さいと | MTBメンテ | 22:00 | comments(0) | - |
さらば、アセント
ムッシュー、元気かい?
オレは元気だけど、ライディングは調子がすこぶる悪いゼ。
だからなんだってんだい?
ギリギリと歯軋りして、唸ったり叫んだりしながら乗ってるよ。
とにかくだ、バイクに自分をぶっつける。
そうすると、不安がどんどん迫ってくる。はは。

ミシミシと鳴いてくれるものの、アセントが折れないんだ。
しぶといんだよね、こいつがなかなか。
だけど、オレの頭の中では色々と計画が進み、準備も整ったので、
アセントはもう終わりにすることにした。(→おつかれさま)

期待はしないでくれよ、バイパーに戻すだけさ。







posted by: さいと | MTBメンテ | 20:00 | comments(0) | - |
どうもうまくいかない


手持ちの118mm軸長のBBでは、やっぱりフロントフリーがBBに接触してしまう。
ここはあきらめて、チューンダウンしてリアフリーにした。
これだとFの22Tがギリギリでフレームに接触しない。→OK

ところで、上の写真見て気付いた?
オレはド素人でもしないような間違いを平気でする。
これはある意味、玄人っぽいが。
ちなみに、この状態で乗るとどうなるかわかるかい?
・・・漕げないんだぜ、オレもびっくりしたけど。
なんだこの感覚!?と思って、降りて手でクランク回してみると、回る・・・
それを2,3回繰り返してやっと意味がわかった。
オレはなにやってんだ・・・とあきれたが、
無意味な大発見に、可笑しくてしようがなかった。

それからな、
このとき、リアに15T入れてるという失敗にまだ気付いてない。→のちに19T
気付いたのはチェーンをつけて、漕ぎ出したときだった。
なにこの重さ・・・あ゛!オレはやっちまったか。
さすがのオレも面倒くさくなって、しばらく自転車放置。
乗る気も失せたよ。

オレは、オレはなあ、おっつぁん、
自転車屋にはなれないんじゃないかってそう思ったんだ。
posted by: さいと | MTBメンテ | 23:00 | comments(4) | - |
BBを捧げる


おっと、BBゆるんでんじゃん、と気づいて、
クランク外してゆくと、BBの右ワンが途中からちぎれていた。
なんとかBBはフレームから取り外せた。

緩んでちぎれたのか、ちぎれて緩んだのかはわからないが、
フレームのBB幅に合わせて、2.5mmのスペーサー入れてたのは
気持ちの悪いことではあった。
(どちらも68mm規格なのに)

すでにクラック入りのフレームではあるが、
折れるまで乗ってみたいわけで、
どうにか直す。
最悪は、24ポイント(ノッチ)のリアフリーになりそ。

フレームが折れるまで、オレは断じて折れんぞ。
それよか、ここ数日、ヘッド周りからの異音が気になってる。
フォークが折れるのだけは、勘弁な。

へへ、オレにはボロの方が性に合ってるぜ。
posted by: さいと | MTBメンテ | 18:00 | comments(2) | - |